VIO脱毛はどこまで脱毛するのが正解?

デリケートな部分の清潔を保つために、あるいは見た目のためにVIO脱毛を考えている方が増えています。しかし、一体どこまで脱毛すれば良いのか悩んでいる方も多いです。そこでここでは、VIO脱毛はどこまで手を加えるべきか、一般的にはどうなっているのかなど紹介していきます。

 

IラインとOラインは全部が基本

VIO脱毛の中でもIラインとOラインは基本的には全部脱毛してOKです。むしろ、中途半端に残すメリットは何もありませんし、見た目の問題としても全て脱毛してしまった方が綺麗だととらえられることが多いです。特にこの2ヶ所はデリケートゾーンの衛生面と密接に関わっているので、全部脱毛するのががおすすめです。

 

Vラインはどこまで?

VIO脱毛でどこまで脱毛するべきなのか、については基本的に「Vラインに関する悩み」になります。一般的によく利用されているデザインとして「逆三角形」「卵形」「長方形」が挙げられます。これらのデザインも人によって希望する面積は随分と違ってくるものです。

 

普段から露出が多めの水着や下着を着る機会が多い方は思い切って面積を小さくしても良いと思います。しかし、不自然に感じられるようなVIO脱毛は嫌だ、という方もいるでしょう。そういう人ほどどこまで脱毛すればよいのか悩むものです。もしも悩んでいるのなら、下着からはみ出さない程度を目安にするのがおすすめです。

 

ムダ毛の濃さも調整できる!

VIO脱毛はつるつるにするイメージがあるかもしれませんが、形を整えつつ、ムダ毛の濃さを調整することも可能です。そのため剛毛で悩んでいる方も自然にふんわりと残しつつ、綺麗な形をキープできます。VIOラインのムダ毛の濃さや量については脱毛エステ、脱毛クリニックのスタッフと相談しながら決定していくのが良いでしょう。また、彼氏や夫などパートナーの希望があればそれも検討してみましょう。


このページの先頭へ戻る