VIO脱毛でトラブルが起こったらどうする!?

VIO脱毛はデリケートゾーンのトラブルを解消するのにとても効果的です。例えば、デリケートゾーンからの臭いが気になる、生理中のムレが気持ち悪い、といったものが解消されます。また、アンダーヘアがはみ出てしまうリスクも小さくなるので下着や水着になったときに安心できるのも大きなメリットです。

 

このように、VIO脱毛には多くのメリットが存在していますが、やはりデリケートな部分の脱毛になるためトラブルが起こる可能性もあります。これはVIO脱毛だけに限った話ではありません。そこで、万が一VIO脱毛をしてトラブルが起こってしまった時はどう対処するべきなのかについて紹介していきます。

 

エステやクリニックでのトラブル

脱毛エステや脱毛クリニックでプロからVIO脱毛を受けた場合もトラブルが起こる可能性があります。どのようなトラブルがあるかというと以下のようなものが代表的です。

 

  1. 火傷
  2. 色素沈着
  3. 硬毛化

 

脱毛エステで利用されているフラッシュ脱毛器、脱毛クリニックで利用されている医療レーザー脱毛器はいずれも肌への負担が比較的小さい脱毛方法です。しかし、出力が強すぎると火傷してしまうことがあります。また負担が小さいとはいえ少なからず肌への刺激があるためメラニン色素が生成されやすい人は色素沈着が起こることもあるようです。硬毛化は産毛などがVIO脱毛によって濃く、太くなってしまうことを言います。

 

トラブルが起こったらどうする?

もしもこれらのVIO脱毛によるトラブルが起こってしまったらどうすれば良いでしょうか。まずはスタッフに相談することをおすすめします。最近では脱毛エステも提携医療機関を用意しているところが多く、上記したようなトラブルが起こった際にすぐに治療が受けられるようになっています。もちろん脱毛クリニックの場合はその場ですぐに治療可能です。

 

一番厄介なトラブルが自己処理でのトラブルです。カミソリやシェーバー、毛抜きを使った自己処理の場合、肌へのダメージから炎症が起こってしまったり、乾燥肌、強い色素沈着、埋没毛、毛嚢炎などのリスクがあります。これらは皮膚科で治療しなくてはなりません。そうならないためにも医療機関と提携している脱毛エステや脱毛クリニックでのVIO脱毛をおすすめします。


このページの先頭へ戻る