VIO脱毛はちくちくする?脱毛中のちくちく対策を考えてみよう

VIO脱毛を受けている最中はムダ毛をカミソリやシェーバーを使って短くカットしなくてはなりません。すると、下着と擦れてちくちくしてしまうことがあります。ある程度VIO脱毛が進むとちくちくすることなく、スベスベの状態になるのでほとんど気にならなくなります。そこでここではVIO脱毛中のちくちく対策を紹介していきます。

 

そもそもどうして短くカットしなくてはならないの?

VIO脱毛でちくちくしてしまう原因のひとつである、カミソリやシェーバーでのカット。どうしてVIO脱毛の事前にムダ毛をカットしなくてはならないのかというと、ムダ毛が長い状態だと光脱毛やフラッシュ脱毛を利用した際に十分な脱毛効果が得られないからです。そのため、脱毛エステ、脱毛クリニックを利用したVIO脱毛は必ず短くカットしなくてはなりません。しかも完全に剃ってしまうのではなく、若干の長さを残して、具体的には5mmほど伸ばしておくことが理想的なのでちくちくしがちです。

 

美容家電を利用しよう

VIO脱毛で次の施術を受けるまでの間ちくちくが気になる方はVIO脱毛用の美容家電を利用しましょう。熱線を使ったムダ毛の先端部分を丸く焼く美容家電が販売されています。これを使うことでちくちくがかなり緩和し、さわり心地が随分と良くなります。もちろんデリケートな部分に使うため細心の注意を払って使用していかなくてはなりません。

 

何回くらいからちくちくしなくなる?

VIO脱毛を繰り返し利用すると段々ちくちくや気にならなくなってきます。では何回くらい施術を受ければちくちくしなくなるものでしょうか。これは個人差が大きいのですが、2、3回の施術でかなりちくちくが軽減される人が多いです。ですので、最初の3、4ヶ月はVIO脱毛前のカットでちくちくするかもしれません。その期間を乗り越えればかなり快適に過ごせるようになります。


このページの先頭へ戻る