年々注目度が高まっているVIO脱毛エステ,自己処理は危険!?

VIO脱毛の副作用とは?

リーズナブルな価格で手軽にできるようになったとはいえ、脱毛は肌に施術するものなので副作用や悪影響が心配です。
脱毛の口コミを見ていると「火傷した」「跡が残った」と怖いことが書いてあったりします。
また、妊娠中・授乳中は脱毛しないようにとしているサロンなどが多いのも気になるところです。VIOは特に敏感な部位だから副作用などは気になりますよね。今回はVIO脱毛の副作用について調査してまとめました。

 

VIO脱毛で気をつけておくべきこと

VIO脱毛に限ったことではありませんが、脱毛をする上で一番多い副作用が「火傷」です。これは肌に合わない強いパワーで照射してしまった、謝って連続で照射してしまったなどの原因が考えられます。事前に肌の状態をチェックしたり、テスト照射で痛みや肌の反応をしっかり見てくれるところは信頼できると言えます。
また、脱毛器は毛に含まれる色素に反応して脱毛をするので、シミや色素沈着、タトゥーの上から照射してしまうとその部分が火傷してしまったり、シミが濃くなるといった副作用も有りえます。これらはシミなどがある部分をテープなどでカバーすることで防げます。
その他では、脱毛器のパワーが強いレーザー脱毛で良く見かける副作用ですが、照射後に肌が赤くなるトラブルです。
脱毛は毛穴の奥にある毛根を焼くことで、軽い火傷ともいえるので多少赤みが出ることは珍しくありません。
これは仕方のないことなので副作用とは言いにくいのですが、数日たっても赤みが引かない、痛みなどがある場合は施術を受けたサロンやクリニックへ相談してみましょう。

 

もし肌が弱くて火傷が心配という方は美容外科や皮膚科などのクリニックでレーザー脱毛を受けるより、エステサロンなどでフラッシュ脱毛を受けることをおすすめします。
フラッシュ脱毛はレーザー脱毛に比べてパワーが弱い分脱毛効果もゆるやかに表れるのですが、痛みがほとんどなく肌にとても優しいというメリットがあります。

 

もちろん、フラッシュ脱毛だから安心とは言い切れませんが、肌への負担を比較するとフラッシュ脱毛の方が軽いです。
VIO脱毛は敏感な部分に施術をするので、自分の肌に合っている、副作用の起きにくい脱毛方法を選ぶのが大切です。


このページの先頭へ戻る