年々注目度が高まっているVIO脱毛エステ,自己処理は危険!?

VIO脱毛は妊娠中でもできるのか?

脱毛は1年〜2年、場合によっては3年ほどかかることもあります。表面に見えている毛は全体の数分の1で、その時生えている毛のみの脱毛効果が表れるので、脱毛完了までには意外と時間がかかるものです。そんな脱毛期間中にもし妊娠してしまった時、妊娠しながらでも脱毛に通えるかどうかが心配なところですね。

 

妊娠中はホルモンバランスの変化で肌が敏感になりやすいですし、脱毛することでお腹の赤ちゃんへどんな影響が出るかわかりません。
そこで、今回は妊娠中に敏感な部位であるVIO脱毛ができるかどうかを調査してまとめました。

 

妊娠中の脱毛について調べてみると、妊娠中の脱毛は基本的にできません

VIO脱毛だけでなく、どの部位の脱毛も妊娠中はできないとしているサロンやクリニックが多いです。

 

とは言え、脱毛のあの光に何か問題があるというわけではなく、上でも書いたように妊娠中のホルモンバランスの変化が一番の理由のようです。ホルモンバランスが通常と違うとムダ毛にも影響があり、妊娠中に脱毛しても思った通りの変化が得られないこともあるようです。ホルモンバランスは肌とも密接に関係しているため、妊娠中の脱毛は肌トラブルが起こる可能性が高いため施術できないとされています。VIO脱毛はデリケートな部位ですから特に妊娠中は控えた方が良いでしょう。

 

また、ごくまれなことだと思いますが、脱毛によるストレスで体調を崩したり、痛みによる衝撃で陣痛を誘発したりする可能性もなくはないので、妊娠中にVIO脱毛をするのは控えておきましょう。

 

ただ、中には脱毛が妊娠中のお母さんやお腹の赤ちゃんに問題がないことから妊娠中でも脱毛できるとしているクリニックも少数ですがあるようです。
出産後も生理がくるまではホルモンバランスが通常とは違うため、妊娠で脱毛を休止する場合、再開するのは次の生理がきてからとしているサロンやクリニックが多いです。


このページの先頭へ戻る