年々注目度が高まっているVIO脱毛エステ,施術のときはどんな服装なの

VIO脱毛を行う際の服装

VIO脱毛の時の服装

VIOラインの脱毛の施術を受ける時、下着のままか紙パンツを履くのかということはとても気になると思います。デリケートな部分なので、極力人には見せたくないですよね。でも、VIOラインの脱毛はデリケートゾーンそのものの脱毛ですので、人に見せる恥ずかしさというものは捨てなければなりません。VIOラインの脱毛箇所別に脱毛の施術がどのように行われているかを説明していきます。

 

紙パンツを着用することが多い

VラインとIラインの脱毛は、紙パンツを使用することが多いです。ですので、自分の下着は脱いで紙パンツに履き替えることになります。履いている紙パンツをエステティシャンの方がずらして、必要なところだけ見えるようにして脱毛の施術をしてくれます。Oラインに関しては、脱毛をする箇所が肛門周辺ですので、肛門部分に穴が空いているシーツを使って施術を行うようです。Oラインの脱毛はうつ伏せになりますので、エステティシャンの方と顔を合わせることなく施術が受けられるので、恥ずかしいと感じる方は少ないようです。

 

体験コースを利用する

脱毛エステサロンでは、体験コースを行っているところもあります。お店によって内容や回数は変わってくるのですが、回数が多いからといってサービスが良いというわけではありません。体験コースでは、お店で行われている脱毛の施術方法がどんなものかということがはっきりと分かるようになっています。エステサロン側も、体験コースを試してくれたお客様が本コースを契約されることを望んでいますので、手厚いサービスを受けることが出来るのです。

 

その分、売り込みや勧誘が激しいですので、そういったスタッフの対応が苦手だという方は、短期間の体験コースの方がいいでしょう。体験コースでは、脱毛の効果が現れ始めたくらいに終了をしてしまうような仕組みになっています。そうすることで、本コースを受けたいと消費者が思うからなのです。体験コースを受けたら必ず契約をしなければならないというわけではありませんので、じっくりと考えてもいいと思います。

 

VIO脱毛の流れについて

受付

予約した時間までに受付を済ませて待合室で待機します。
これはどの部位の脱毛でも同じですね。

 

着替え

VIO脱毛では、上はそのまま着ていてOKですが、下は下着も全て脱ぎます。
スカートをはいたままで下着だけ脱ぐという方もいますが、ジェルなどで服が汚れてしまう可能性もあるので脱いでしまった方が良いです。
ガウンや紙パンツを用意されているところもありますが、バスタオルをかけるだけというところもあります。

 

照射

脱毛機によっては照射前に肌を保護するジェルを塗布するものもあります。
塗布後は片足ずつ立ててVIラインに照射していきます。
紙パンツをはいている場合は紙パンツを指でずらしながら照射します。
Oラインは四つん這いになって照射します。

 

後は服を着て会計、帰宅となります。
照射後に火照った肌を冷却したり、保湿クリームを塗布するところもあります。

 

VIO脱毛は照射の時にどうしても丸見えの状態になってしまうので恥ずかしいと言う方もいますが、数回通っているうちになれてしまいます。
いざ照射すると痛くて恥ずかしいなんて忘れてしまった、キレイになったVIOを見ると次が待ち遠しいと言う方もいるのであまり心配しなくて大丈夫です。

 

また、施術するスタッフさんはプロでたくさんの方のVIO脱毛の施術をしていますし、淡々と作業してくれるから恥ずかしいと思う方が恥ずかしいと感じる方もいます。
VIO脱毛を始めるまでは不安なことも多いと思いますが、脱毛に通いだすと「VIO脱毛して良かった!」と思うことの方が多いのでがんばってください。


このページの先頭へ戻る