VIO脱毛の痛みが強い時は麻酔クリームを使ってもらおう

VIO脱毛は他の部位と比べると痛みが強く出やすい箇所です。神経が集中していてちょっとした刺激にも敏感に反応してしまう部分なのに、そこにフラッシュ脱毛やレーザー脱毛を当てると考えると痛くて当然という気もしてきます。痛みについては個人差がかなり出やすく、ほとんど気にならない程度だった、という人もいれば、耐えられないほどつらかった、という人もいます。そこで脱毛エステや脱毛クリニックでは麻酔クリームなどの「表面麻酔」を用意しています。

 

表面麻酔とは?

表面麻酔とは痛みが気になる箇所に塗布することで感覚を和らげ、VIO脱毛による痛みを軽減できるアイテムです。もともと医療機関での皮膚へのレーザー治療や、タトゥーを彫るときの痛み緩和などに利用されていました。

 

フラッシュ脱毛やレーザー脱毛は比較的痛みが少ない脱毛方法だと言われていますが、ゴムで弾いたような痛みがあります。それを表面麻酔を使うことでかなり軽減できます。

 

麻酔クリームの効果についてはこちらも個人差が出やすいとされていますが、ほぼ全員がその効果を実感できるはずです。

 

必ず麻酔クリームを使ってくれる?

VIO脱毛がそれなりに痛いことが分かっているのなら、必ず麻酔クリームを使って欲しいと思うかもしれません。しかし、最初から使うか、お願いされてから使うかはそれぞれの脱毛エステ、クリニックによって対応が異なるようです。なかには初回は麻酔クリーム無しで施術して、2回目以降は麻酔クリームを使った、というケースもあります。もしもVIO脱毛の途中で痛みを感じる、どうもそれに耐えられそうもない、というときは遠慮せずに麻酔クリームをお願いしましょう。

 

ただし注意しておきたいのが麻酔クリームそのものを用意していない脱毛エステも存在しているということ。もちろん用意されていないものを要求しても出てくるわけがありません。ですので、必ず最初のカウンセリングの時点で「麻酔の有無」の確認をしましょう。


このページの先頭へ戻る