年々注目度が高まっているVIO脱毛エステ,エステ脱毛の種類

エステ脱毛 種類別まとめ

エステ脱毛種類別まとめ

エステが用意している脱毛方法の種類はいろいろありますが、何がどう違うのでしょうか。それぞれの方法にはそれぞれのメリットとデメリットがあります。自分の希望する脱毛に合わせて最適な方法が選べるようにここで整理しておきましょう。

 

 

ニードル式

文字通り、針を刺してそこに電流を流すことで毛根を処理する方法です。この方法のメリットは、脱毛効果が高い点です。そのため、以下のような欠点があるにも関わらず、大手でも根強く採用しているところがあります。ニードル法の欠点は、針を刺すという点では注射と同じですから、どうやっても痛みが出ることです。また、未熟なエステティシャンが行うと痛み以外にも肌に跡が残るなどのトラブルが出ることがあるのも見逃せません。

 

レーザー式

レーザーで処理するため、広範囲の脱毛が短時間でできるのがレーザー式のメリット。さらに永久脱毛という言葉を正式に認められているのもレーザー式になります。ただし、レーザー式の脱毛は医療機関でなければやってはいけないことになっています。エステでレーザー式を取り入れているところは、違法エステなので注意しましょう。

 

フラッシュ式

最近主流になっているのがこのフラッシュ式。光で脱毛するという点ではレーザー式と同じですが、光の種類が違うためレーザーのような強い痛みはありません。ほとんどの店舗で取り入れているし、短時間で終わるという点では一番親しみやすい脱毛法と言えるかも知れません。料金という点でもフラッシュ式はレーザー式よりずっと安価になっています。

 

サービス面のチェックもしっかりと

以上のように、脱毛方法にはそれぞれメリットとデメリットがあります。もうおわかりかと思いますが、レーザー式脱毛でなければ、一生毛が生えない永久脱毛はできません。そのため、エステで脱毛をするという場合、有力な候補はフラッシュ式ということになります。

 

こう書くと、フラッシュ式は意味がないように思えますが、そんなことはありません。ほとんどの場合、数年はもちます。毎週、ひどい場合には数日ごとにカミソリでむだ毛処理するのに比べれば圧倒的に楽です。また、最近のエステでは一定料金で何回脱毛処理をしますよ、という回数保証をつけているところがほとんどで、中には永久保証というところもあります。こういうところを選んでおけば、安心です。

 

ほかにも良いエステを選ぶポイントはいくつかありますが、その中で特に気をつけたいのがサービス面です。強引に勧誘してくるエステや、あとからオプションやアフターサービス代を請求してくるエステもあるようですので、必ず体験コースを受けて技術を確かめ、その上で気になる点は契約前にきちんと質問し、確認しておくと良いでしょう。


このページの先頭へ戻る