年々注目度が高まっているVIO脱毛エステ

ヤグレーザーはもっとも深い場所を発熱できるレーザー

ヤグレーザーとは長い波長を持ったレーザー光線のことで、放射位置から離れたものを発熱させることができます。皮膚内部のメラニン色素発熱させることにより、脱毛させることができます。波長の長さを調節することができ、皮膚からどれほどの距離のものを発熱させたいのか選ぶことができるので、利用価値の高いレーザーと言えるでしょう。ヤグレーザーは脱毛だけでなく、白内障の治療などにも用いられることもあります。

 

ヤグレーザーの特徴と他のレーザーとの違い

ヤグレーザーのほかにダイオードレーザーやアレキサンドライトレーザーなどがありますが、ヤグレーザーには""波長が長いので一番深くまで熱が届く""という特徴があります。ただしメラニンへの反応力としては他の二つのレーザーのほうが勝ります。つまり背中や脇など表面にあるメラニン色素を刺激したい場合は他のレーザーを使ったほうがよいということになります。さらにヤグレーザーには波長を変えるタイプのものがあるので、一つレーザーで波長を変えながら、皮膚表面近くにあるシミ、そばかすの駆除、深い位置にある毛根の発熱と用途に合わせて使えるのも特徴です。

 

ヤグレーザーを使ったほうが良い部位

肛門周りや乳輪付近など皮膚の表面の色素が強い場合にはヤグレーザーを使ったほうがよいことになります。これは皮膚の炎症リスクを減らすためです。さらに男性のヒゲの脱毛にもこのヤグレーザーが適しています。なぜなら他のレーザーでは波長が短く、比較的深いところに毛根がある男性のヒゲだと熱が届かないためです。ヤグレーザーを使用することによって深い位置に毛根がある部位の脱毛も可能になります。


このページの先頭へ戻る