脱毛施術後は紫外線に注意!保湿ケアも入念に

紫外線に注意

 

エステでの脱毛を検討している場合、いくつかの注意点を守らなくてはなりません。そのひとつに「紫外線対策」が挙げられます。脱毛後は日焼けしているような状態にあるため、紫外線に対して非常に敏感です。そのため、脱毛後に紫外線を浴びてしまうとシミなどの色素沈着を引き起こすリスクが非常に高まると言われています。ですので、脱毛後はしっかりと保湿ケアをすること、そして紫外線を受けないようにきちんと対策を取ることを意識しましょう。

 

日焼け止めを使う

一番の紫外線対策はやはり日焼け止めクリームです。日焼け止めクリームにも色々な商品がありますが、できるだけUVカット率の高い物を選びたいところ。しかし、強力に紫外線対策ができる日焼け止めほど肌に残りやすく、また刺激の強い成分を使っていることが多いため、このあたりの兼ね合いが難しいのも実際のところです。ですので、脱毛直後は日焼け止めクリームを使用しつつ、できるだけ紫外線に当たることがないような生活を心がけましょう。

 

ちなみに日焼け止めについてですが、脱毛エステに通う日は使用を避けたほうが良い、と言われています。というのも、日焼け止めに使われている成分が脱毛エステで使われているフラッシュ脱毛器の効果を半減させてしまう可能性があるからです。また、成分が光に反応して肌にダメージを与える可能性も考えられます。

 

脱毛前も紫外線対策

紫外線対策を意識しなくてはならないのは脱毛後だけではありません。脱毛前にも注意が必要です。というのも、日焼けしている状態だと十分な脱毛効果が得られない可能性がある方です。エステで使用されている光脱毛器は黒い色素に反応する光を照射することで脱毛効果を生み出しています。肌が黒く日焼けしているとその分だけエネルギーが分散することになり、火傷のリスクが高まるだけでなく、十分な脱毛効果が得られにくいです。ですので、エステでの脱毛を考えている場合は普段から紫外線対策を心がけるようにしましょう。


このページの先頭へ戻る