脱毛エステにはどんなトラブルがあるのか

エステを利用して脱毛した後、様々な肌トラブルが起こる場合があります。もちろん自己処理と比較すれば肌トラブルのリスクは大幅に減少しますが、絶対に起こらない、とは言い切れません。そこでここでは、脱毛を施術後の肌トラブルの事例とそれぞれの対処方法を紹介していきます。

 

肌の赤み

脱毛施術後に最もよく見られる肌トラブルが「赤み」です。こちらはエステで使用されている脱毛マシンの性質上ある程度仕方のない部分があります。個人差はありますが、早い人なら翌日、遅くても1週間くらいで赤みが引くものです。しかし1週間以上経っても赤みが引かない、かゆみや痛みもある、という場合は火傷を起こしている可能性があります。

 

対処方法としては、濡れタオルや保冷剤などを使って患部を冷やしてあげることです。肌にこもった熱を取り除くことによってある程度症状が治まるケースが多いです。また赤みが出ているときは熱がこもりやすくなっているので湯船に浸かる、激しい運動をする、紫外線を浴びるのは避けましょう。

 

毛嚢炎

毛嚢炎とは脱毛施術後の開いた毛穴にばい菌が入り、毛穴の内部で炎症を起こしている状態です。こちらも代表的な肌トラブルだと言えるでしょう。ちょっとした毛嚢炎なら比較的すぐに回復するので放っておいて良いのですが、一度に複数の毛嚢炎ができる、なかなか改善しない、という場合はエステに相談して皮膚科を紹介してもらいましょう。肌の炎症を抑える薬や抗生物質を処方してもらうとすぐに改善されることが多いです。

 

また自分でできるケアとして脱毛施術後にきちんと保湿すること、栄養をとり、しっかりと休息を取って免疫力が落ちないようにするのも有効です。

 

黒ずみ

脱毛施術後の肌トラブルに黒ずみもあります。これは脱毛施術による刺激が原因でメラニンが生成され、そこから黒ずみに発展してしまうことが理由として考えられます。こちらはエステで用意されている美白ケアを利用すればすぐに回復することが多いです。いずれにせよ、黒ずみが見られた場合は速やかにエステに相談しましょう。


このページの先頭へ戻る