エステで脱毛したのにムダ毛が濃くなった!なぜ?

脱毛後に毛が濃くなる?

 

エステやクリニックで脱毛してムダ毛を無くしたいのに、逆にムダ毛が濃くなる、太くなるケースもあります。この状態のことを「硬毛化」と呼びます。実は硬毛化はエステで利用されるフラッシュ脱毛、クリニックで利用されるレーザー脱毛のどちらでも見られる症状です。そこでここでは脱毛によってムダ毛が濃くなる硬毛化の原因と対策方法を紹介していきます。

 

硬毛化の原因

どうして脱毛したはずのムダ毛が濃くなるのか、というと、フラッシュ脱毛やレーザー脱毛による刺激によってムダ毛が活性化してしまうことが原因だと考えられています。これらの脱毛方式は黒い色素に反応する光を肌に照射し、毛根部分に熱エネルギーを集中させることで毛穴の細胞を破壊。すると脱毛効果が生まれる、という仕組みです。もしも産毛など十分な黒い色素を含んでいないムダ毛に照射すると中途半端に刺激を与えることになります。これが毛穴の活性化に繋がって硬毛化が起きるのではないか、という説が現在最も有力です。ちなみに、ムダ毛が濃くなる硬毛化だけでなく、ひとつの毛穴から複数のムダ毛が生えてくる「多毛化」が起こることもあります。

 

脱毛でムダ毛が濃くなりやすい部位

エステやクリニックで脱毛するとムダ毛濃くなりやすい部位はどのような場所があるでしょうか。全体的な傾向をみると、産毛のような薄いムダ毛が生えている部分は硬毛化のリスクがある、と言われています。具体的には、うなじ、背中、ヒップ、お腹、胸、腕、肩などが特に起こりやすいようです。また、顔脱毛でも見られることが多いです。逆に脇やスネ、VIOなど比較的濃いムダ毛が生えやすい部分はあまり起こりません。

 

対策方法

硬毛化対策方法は各エステによって対応が異なります。ほとんどは、より強い出力で脱毛する、という方法を採用しています。これによって濃くなるであろう部分にもしっかりとアプローチできますし、すでに硬毛化してしまった部分の脱毛にも有効です。また1本だけ、といったごく狭い範囲での硬毛化の場合は光脱毛ではなくニードル脱毛を使用することもあります。こちらはより確実な脱毛ができるため安心です。いくつかのエステは濃くなることを想定して保証を設けているところもあるので、心配な方はそのようなエステを選んでみてはいかがでしょうか。


このページの先頭へ戻る