タトゥーが入っている部分に光脱毛をしたらどうなる?

タトゥーと脱毛

 

最近ではおしゃれ・ファッションのひとつとしてタトゥーを入れている方が増えています。手軽に入れられるようになったこと、タトゥーへの偏見が少なくなったこともあって若い世代を中心にタトゥーを入れる人が年々増えているそうです。そこで、気になるのがタトゥーが入っている部分も脱毛できるのか、ということ。ここではタトゥーの脱毛に関することを紹介していきます。

 

タトゥー部分は光脱毛が使えない

 

脱毛エステ、クリニックで使用されている光脱毛。これらはムダ毛の黒い色素に反応する光を照射し、エネルギーを吸収させて脱毛する仕組みになっています。つまり、ムダ毛だけでなく、色素沈着やホクロなど黒いもの全てに反応してしまいます。ですので、エステやクリニックによっては美白ケアをしてから脱毛施術を行うところもあるくらいです。

 

タトゥーはどのようなデザインでも肌の色と比べると濃いですよね。つまり、光脱毛をしてしまうと火傷を起こす可能性が高いです。当然痛みもかなり強くなってしまいます。無理をしてタトゥー部分に光脱毛を適用してしまうとただトラブルだけでなく、タトゥーが薄くなることも珍しくありません。人によっては中途半端に消えてしまうこともあるようです。

 

これらの点から、ほぼ全ての脱毛エステ、クリニックはタトゥーへの光脱毛は断っています。ちなみに、厳密にはタトゥー部分だけでなく、その周辺5cmほども脱毛できないことが多いので、タトゥーのサイズにもよりますがかなり制限がかかってくるのは間違いありません。

 

ニードル脱毛なら対応可能

 

光脱毛は利用できませんが、ニードル脱毛ならタトゥー部分の脱毛も可能です。これは毛穴に針を差し込んで電流を流すことで脱毛するという非常にシンプルな仕組み。肌の色は全く関係しません。
ただし、施術に時間がかかること、費用が高いこと、それなりの痛みがあることなどデメリットもいくつかあります。
どのような脱毛方法を選ぶのかについてはカウンセリングでしっかりと打ち合わせして、「脱毛できないじゃない!」とならないように事前確認を入念に行いましょう。


このページの先頭へ戻る