毛抜きを使ってムダ毛処理することはデメリットばかり

ムダ毛を無理矢理抜く

 

ムダ毛が気になるからピンセットや毛抜きを使って抜く、という方はたくさんいると思います。特に、眉毛やヒゲなどカミソリで処理すると青くなって目立ちやすい部分に関しては抜くことが多いですよね。日常的にムダ毛を抜く人なら経験しているかと思いますが、これは様々な肌トラブルを引き起こす原因となるのでおすすめできません。

 

抜くことで起こる肌トラブル

それではピンセットや毛抜きを使ってムダ毛を抜くことで起こりやすい肌トラブルを紹介していきます。

 

毛嚢炎

毛嚢炎とは毛穴が炎症を起こしている状態です。無理矢理ムダ毛を抜くことで毛穴が開いてしまい、中に雑菌などが入り込みやすくなっています。疲れているときなど免疫力が低下しているときにそうなると毛嚢炎のリスクが大幅に上がってしまいます。特に慢性的に繰り返し無理矢理抜くと毛穴が広がりやすくなり、毛嚢炎にかかりやすくなります。

 

埋没毛

ムダ毛を抜くと埋没毛ができる可能性があります。埋没毛とはきちんと抜くことができず、途中でムダ毛が切れてしまうと起こりやすくなります。例えば毛根部分だけ残ってしまうと毛穴から上手くムダ毛が生えられず、毛穴の中で成長して黒くなります。埋没毛は放っておくと分解・吸収されるため自然になくなりますが、肌のターンオーバーが衰えていたり、炎症を起こしてしまうと色素沈着になってしまうことも。

 

色素沈着(黒ずみ)

無理矢理ムダ毛を抜くと強い刺激となって色素沈着が起こる可能性があります。一度できてしまった色素沈着は改善されるまでそれなりの時間が必要となってしまうだけでなく、肌のターンオーバーが衰えているとずっと残り続けてしまうこともあります。

 

脱毛エステを利用しよう

このように、無理矢理ムダ毛を抜くことで自己処理をすると様々なトラブルを引き起こす原因になります。有効な対策方法としてエステの光脱毛の利用をおすすめします。ほとんど肌に負担を掛けずにしっかりと脱毛できるので肌トラブルのリスクが小さいです。また、万が一トラブルが起こってしまっても医療機関と提携しているエステがほとんどなので安心できるのも大きなポイントです。まずは体験コースから始めてみましょう。


このページの先頭へ戻る