生理中の脱毛は肌トラブル防止の為NG

女性に毎月訪れる「生理」。脱毛エステの施術日と生理が重なることはよくあります。利用しているエステにもよりますが、一度キャンセルすると次の予約が取りにくいこともありますよね。そうなるとスケジュール通りに脱毛施術が進められず、結果的に脱毛し終わるまでの期間が長引いてしまいます。コースによっては決められた期間内に回数を済ませなくてはならず、変更しづらいこともあります。ですので、可能なら生理中でも予約通りに脱毛したいものです。では生理中でもいつもと同じように脱毛できるのでしょうか。

 

生理中の脱毛はNG

基本的にどの脱毛エステも「生理中の脱毛はNG」としています。これは部位にかかわらず、です。VIO脱毛の場合だと何となく理解できるのですが、例えば脇の脱毛や、腕の脱毛などの上半身だとそこまで関係がないように感じられます。しかし、それでも生理中は受けられません。

 

大きな理由として、ホルモンバランスがいつもと違うことが挙げられます。生理中はいつもよりも肌が敏感になっていることがほとんどです。この時に脱毛施術を行うと肌トラブルが引き起こされるリスクが大幅に高まってしまいます。また、普段はほとんど痛みを感じずに脱毛できるのに、生理中に限っては痛く感じることも珍しくありません。もしも脱毛による肌トラブルが起こってしまうと、なかなか改善しづらいことが多いです。例えば火傷、湿疹などの炎症、毛嚢炎、シミなどの色素沈着が挙げられます。生理中に無理をして脱毛し、肌トラブルになってしまったら今度はそれが治るまで脱毛施術が受けられません。つまり結果的に余計長引いてしまうことになります。

 

柔軟に対応できるエステを選ぼう

生理が毎月必ず決まった日に訪れる人なら対応しやすいですが、全員が必ずしもそうであるとは限りません。それは脱毛エステ側もよく理解しています。ですので、いくつかのエステは予約日と生理がかぶった時は優先して調整してくれるところもあります。このあたりについては各店舗によって取り扱いが異なるため、事前のカウンセリングでしっかりと確認しておきましょう。


このページの先頭へ戻る