「脱毛」と「抑毛」は異なるもの

脱毛と抑毛

 

ムダ毛対策には色々なものがありますが「脱毛」と「抑毛」が混同されがちなのでそれぞれの違いを紹介していきます。まず最初に脱毛についてですが、脱毛は名前の通り「ムダ毛を抜いてツルツルな状態を作ること」がコンセプトになります。一方の抑毛は「ムダ毛の量を減らす・薄くする」ことがコンセプトです。つまり、一見すると似たようなものだと思われがちな脱毛と抑毛ですが、趣旨は意外と異なるものだと分かります。

 

抑毛のメリットとは?

ムダ毛が気になるなら脱毛すれば良い、と考える方が多いと思います。しかし中には完全につるつるにするのは抵抗があり、多少目立たなくする程度、薄くする程度で良い、という方もいます。代表的な部位としてVIOラインが挙げられます。VIOを脱毛するとどうしても不自然な感じがする、恥ずかしい、といった意見も多いです。自然に量を減らしたい、薄くしたい、という場合は抑毛施術がピッタリです。また、男性は脱毛よりも抑毛を選ぶ方が多いです。腕や足、脇など人よりも体毛が濃い・多い方が脱毛ではなく抑毛を選ぶことがあります。

 

抑毛はどうすれば良い?

脱毛は様々な商品が販売されていますし、脱毛エステやクリニックで施術を受ければ可能です。しかし、抑毛についてはどうすればよいのか分からない方も多いです。抑毛の方法については大まかに二つが挙げられます。

 

抑毛コスメを使う

ドラッグストアや通販などで販売されている抑毛ローションや抑毛クリームを根気強く使い続ければムダ毛が自然と薄くなるコスメが販売されています。個人差はあるものの、1ヶ月から3ヶ月程度の期間で少しずつ効果が実感できる場合が多いようです。

 

脱毛エステで施術

脱毛エステは完全につるつるの状態にするだけではありません。「全体照射」をすることでムダ毛の量をコントロールする、つまり抑毛することもできます。実際にVIO脱毛では頻繁に抑毛が利用されています。通常の脱毛よりも少ない回数で済ませられるためコストも抑えられます。


このページの先頭へ戻る