脱毛前後のお酒は控えよう

脱毛前後のお酒

 

脱毛エステや脱毛クリニックを利用してムダ毛の脱毛をする場合、いくつかの注意点を守らなくてはなりません。その中のひとつに「飲酒」が挙げられます。脱毛施術後だけでなく、施術前にも飲酒は控えるようにしましょう。

 

どうして脱毛施術後の飲酒がNGなのか?

脱毛施術後の飲酒が禁止されている理由はいくつかあります。まずひとつは、体が温まってしまうからです。適度な飲酒は血行促進効果が得られるため健康に良いとされています。しかし、脱毛施術後は肌に熱がこもりがちです。何もしていなくても肌トラブルのリスクがあるときに飲酒してしまうとさらに熱がこもることになります。その結果、赤み、かゆみ、炎症などのリスクが出てしまいます。また、飲酒によって体が温まり、汗をかくこともあります。実は脱毛施術後は汗をかくことはあまりおすすめされていません。これは汗によって毛穴の炎症である「毛嚢炎」のリスクが高まるからです。これらを避けるためにも、少なくとも脱毛施術当日は飲酒は控えるべきです。

 

脱毛前も飲酒はやめる方が良い?

脱毛施術後の飲酒だけでなく、施術前もまた控えるべきです。もしも体の中にアルコールが残っている状態で脱毛すると、上記したようなトラブルを引き起こすきっかけになってしまいます。また、アルコールが残っていると体力が消耗される(分解にエネルギーを使う)ため免疫力が低下してしまい、炎症を起こしやすくなるとも言われています。

 

もしも、日常的にお酒を飲む習慣がある方はエステで脱毛する前後3日間は控えたほうが良いです。もしも我慢するのが難しいのなら、ノンアルコールのビールなどで我慢しましょう。

 

忘年会や新年会など、飲み会が続くシーズンはエステの予約日を調整して、リスクの少ない脱毛施術が受けられるようにしましょう。


このページの先頭へ戻る