年々注目度が高まっているVIO脱毛エステ

アレキサンドライトレーザーは皮膚を通過し皮膚内部のメラニン色素に反応する

アレキサンドライトレーザーとは、脱毛に使うレーザー線の名称の一つです。医師免許を持っている人が行なうことができるレーザー脱毛なのですが、皮膚のタイプによっていろいろのレーザー光線を用います。そのうちアレキサンドライトレーザーは日本人に一番向いているレーザーと言われています。なぜでしょうか?

 

アレキサンドライトレーザーの特徴

レーザー光線は黒い色素に反応するのですが、アレキサンドライトレーザーは皮膚表面を通過するという特徴があり、放射すると皮膚表面を通過し、皮膚の中に埋没されている毛が発熱して抜け落ちます。毛穴の毛根も黒く太くなっているためによく燃えます。しかし皮膚内部だけが発熱して、皮膚そのものはダメージをほとんど受けません。

 

日本人向きである理由

黄色人種である日本人の肌の表面には色素があります。よって白人などに利用できるルビーレーザーなどを利用すると皮膚表面の色素にも反応し、やけどしてしまいます。そのため皮膚の色素には反応せず、毛にのみ反応するアレキサンドライトレーザーが日本人に向いているというわけです。

 

アレキサンドライトレーザーを使用したときの痛み

1cm四方を一気に脱毛するので、放射の瞬間それなりの痛みがあります。ゴムではじかれたような痛みと言ったらいいかもしれません。しばらくすると我慢できるのですが、施術の初めはかなり痛いと感じるかもしれません。痛みがきついときは麻酔ジェルというものを塗って施術してもらうと痛みが和らぎます。

 

アレキサンドライトレーザーの脱毛以外の利用法

皮膚は通過し、メラニン色素に反応し消滅させるという効果があるので、皮膚の下に残っているしみやそばかすを除去する際にもアレキサンドライトレーザーが利用できます。緩んだ毛穴にライトを当てることによって毛穴が引き締まるという効果もあるため、脱毛だけでなく美肌効果があるともされています。


このページの先頭へ戻る