年々注目度が高まっているVIO脱毛エステ,脱毛エステの施術効果は永久か

高周波脱毛は全身に使えて痛みも少ないが、時間がかかり効果も限定的

高周波脱毛とは毛が生えている部分に高周波を浴びせて、生えている毛とその毛根組織に熱を持たせることにより、脱毛を促すという方法です。人体に無害とされ、医療行為ではないためエステサロンや機器を購入して自分で施術を行なうこともできる方法です。高周波脱毛にはメリットとデメリットが存在します。

 

高周波脱毛のメリット

光を浴びせて脱毛するという方法は痛みが伴います。とくにレーザー脱毛と言われる脱毛法は光が強いためにかなりの痛みがあります。威力の弱いフラッシュ脱毛もチクチクといった痛みが伴います。しかし高周波脱毛は光を当てるのではないため痛みがかなり少ないというメリットがあります。さらに光系の脱毛は毛だけでなく皮膚にも放射を行ないます。よって肌の弱い人は、肌荒れや色素沈着になるリスクがあります。

 

しかし高周波を用いた脱毛法は毛だけに作用し皮膚には影響がありません。よって肌荒れや色素沈着の心配をすることなく脱毛ができるというメリットもあります。また高周波脱毛は脱毛箇所を選びません。わきの下、ビキニライン、顔などのデリケートな部分にも使用することができます。

 

高周波脱毛のデメリット

デメリットは脱毛に時間が掛かるという点です。ワキの脱毛ですと、他の脱毛法なら5分で終わるところ、高周波脱毛を用いると両わきで30分ほど掛かってしまいます。さらに高周波脱毛は太目の毛にのみ反応します。産毛には効果を発揮しません。よって男性の方で夏の間ひげが生えないようにしたいという場合などには効果がありますが、女性の方で口周りの産毛を脱毛したいと思っても、高周波脱毛では十分な効果が期待できません。


このページの先頭へ戻る