年々注目度が高まっているVIO脱毛エステ,脱毛エステを受ける時の流れ

脱毛エステでの流れ

脱毛エステでの流れ

TVにネットに雑誌、シーズンになると電車の車内まで、脱毛エステの広告が多数見られます。それくらいエステ脱毛は、関心の高い人が多いということでもあるのですが、広告をみてエステ脱毛に興味をもっても、実際にどうやって脱毛が行われていくのかわからないと、なかなか体験脱毛でも行ってみる気になれなかったりすると思います。脱毛エステは数多くありますが、脱毛の方法が同じであれば、流れはだいたい一緒です。

 

フラッシュ脱毛を受ける場合

現在エステでの脱毛方法の主流は、レーザー脱毛の一種である「フラッシュ脱毛」。サロンによって呼び方が違う場合もありますが、カメラのフラッシュのように拡散した光を一瞬照射して、黒い色素に反応させて毛根に熱をためることで、破壊する方法です。ここでは、そのフラッシュ脱毛をエステサロンで受ける場合の、だいたいの流れを説明していきます。

 

予約

脱毛エステに行くことを決めたら、申し込みと予約をします。脱毛エステは飛び込みは不可です。1番手軽な予約方法はネットからの申し込みですが、もしその場で質問したいことなどがあるようでしたら、電話が手っ取り早いでしょう。電話のかかり具合や対応の仕方で、スタッフが十分にいるかどうか、お店の雰囲気がどうか、ということがわかるというメリットもあります。2回目以降は施術終了後に次回の予約をしておくと間違いがないです。

 

フラッシュ脱毛では、だいたい1日前くらいに脱毛箇所のシェービングをしておくよう指示がでますが、このあたりはサロンによって違いますので、必ず確認しておきましょう。シェービングを忘れてしまった時は、サロンでやってもらえますが、別料金になることも多いです。

 

カウンセリング

体験脱毛の場合には、予約日に来店して、カルテや施術に際しての同意書を記入、カウンセリングを行ってから希望部位の脱毛に入ります。脱毛の準備として、まず脱毛する場所を冷却します。フラッシュ脱毛は冒頭で触れたように、複数の波長のレーザー光を拡散して照射します。そのため、肌の温度があがりにくく、安全な脱毛方法といわれていますが、肌を十分に冷却しておくことで、さらにその安全性があがります。

 

施術

冷却が終了したら、いよいよ照射に入ります。フラッシュ脱毛の痛みは、よく「ゴムを弾いたような痛み」と表されますが、一瞬なので、耐えられない方は少ないでしょう。けれどももし痛みが強い場合には、遠慮せずにスタッフに伝えて下さい。一般に、毛が太く故意部分のほうが、反応が強くなるので痛みも強くなります。フラッシュ脱毛では、脱毛したい範囲を重複しないように照射していきますから、範囲が広ければ広いほど時間がかかることになります。ワキなど狭い範囲なら、左右行っても30分かからない程度だと思います。

 

次回予約

照射が終わったら、また冷却を行います。トリートメントがついているコースも多いと思います。体験であれば、このあとプラン説明や入会、契約の話をききます。当日にプラン契約をしないと、入会金の割引がなくなってしまうなど、エステサロンとしては「今契約したほうがお得ですよ」ということを推してくるとは思いますが、もしまだ少し考えたい、ということであれば、後日にしますと断ってしまって問題ありません。そこで渋るようなサロンであればあまり優良なサロンとは言いがたいと思います。気に入ったプランがあれば契約を行い、会計と次回の予約をして退店となります。

契約をしてしまった後でも、クーリングオフ期間であれば、全額返金してもらうことができます。


このページの先頭へ戻る