年々注目度が高まっているVIO脱毛エステ,エステとクリニックの違いとは?

【徹底比較】医療脱毛VS脱毛サロン(メリットとデメリット)

ムダ毛は定期的なお手入れが必要なので、カミソリなどで自己処理を続けているとお肌が痛んでしまうことがあります。しかし、医療脱毛や脱毛サロンなどでお手入れをすれば綺麗な肌を目指すことができるでしょう。それぞれお手入れの特徴や料金などに違いがあるので、両者をよく比較してメリットやデメリットを把握した上で最適なお手入れ方法を選ぶと良いでしょう。ここでは、医療脱毛と脱毛サロンを徹底比較しながらそれぞれのメリットとデメリットをご紹介したいと思います。

 

医療脱毛の脱毛方法は?メリットデメリットは?

 

医療脱毛の脱毛方法はレーザー脱毛と言って、光がムダ毛のメラニン色素に反応することで毛根を破壊してムダ毛を生えないようにする方法です。毛根を破壊する方法は医療行為なので、このような脱毛ができるのは医療機関のみです。

 

レーザー脱毛は脱毛マシンの出力が高く高い脱毛効果が期待できる上に、少ない回数でお手入れの効果を実感することができるところがメリットです。お手入れ完了後にムダ毛が生えないようにしたいのであれば、毛根を破壊できる医療脱毛の方が良いかもしれません。

 

しかし、出力が低い脱毛マシンと比較すると脱毛時に痛みを伴うことがあり、皮膚が弱い方は場合によってはお手入れを受けることができないというデメリットがあります。

 

脱毛サロンの脱毛方法ってどんなのがある?それぞれのメリットデメリットは?

 

脱毛サロンの脱毛方法は光脱毛と言って、光がムダ毛のメラニン色素に反応することでムダ毛を少しずつ減らしていく方法です。医療脱毛と比較すると出力が弱い脱毛マシンを使用するので、脱毛時に痛みを感じにくく安心して脱毛することができます。

 

脱毛サロンによって、ムダ毛のお手入れとお肌のお手入れを同時にすることができるのでトータルで綺麗な肌を目指すことができるのです。また、脱毛プランの種類も豊富で気になる箇所の脱毛プランをうまく組み合わせることで手軽にリーズナブルにお手入れをすることができます。

 

また、支払い方法の中には月額制などもあり、脱毛したくてもまとまった費用を準備することができない方にとってお手入れを始めやすいというメリットがあります。しかし、脱毛サロンは医療機関ではないので、出力が高い脱毛マシンを使用することはできません。毛根を破壊できないことから、永久脱毛をすることができない点がデメリットです。

 

医療脱毛と脱毛サロン、結局どっち?回数、費用、効果から徹底比較

 

医療脱毛は出力が高い脱毛マシンを使用するので少ない回数でお手入れの効果を実感できるところが魅力です。効果を実感する平均的な回数を部位ごとに見てみると、足6回・ワキ7回・腕6回・VIO 10回・顔10回となっています。

 

キャンペーンなどを利用しない場合の費用相場を部位ごとに見てみると、足20万円・ワキ15万円・腕15万円・VIO 10万円・顔10万円となっています。費用はある程度かかりますが、少ない回数で効果を実感できる点が医療脱毛の大きな特徴と言えるでしょう。

 

脱毛サロンは出力が低い脱毛マシンを使用するのである程度の回数はお手入れを継続する必要があります。効果を実感する平均的な回数を部位ごとに見てみると、足12回・ワキ12回・腕12回・VIO 12回・顔20回となっています。

 

キャンペーンなどを利用しない場合の費用相場を部位ごとに見てみると、足4万円・ワキ2万円・腕4万円・VIO 4万円・顔18万円となっています。

 

お手入れの効果を実感する回数はあくまでも目安なので、個人差が出てくることがあります。両者を比較してみると費用と回数に大きな違いがありますが、回数や費用だけで判断せずに自身の毛質や肌質をよく考えた上で脱毛方法を選ぶとより快適にお手入れをすることができるでしょう。

 

その点からするとお試し脱毛などを利用して、実際に体験した上で判断するとより安心です。

 

医療脱毛?脱毛サロン?タイプ別おすすめの脱毛方法は?

 

医療脱毛と脱毛サロンを比較すると、使用する脱毛マシンの特徴によって脱毛時の痛みやお手入れの効果を実感する回数などに大きな違いがあります。特に肌に問題を抱えておらず、できるだけ早くムダ毛のお手入れを完了したい場合には医療脱毛がおすすめです。脱毛時にできるだけ痛みを感じたくない方で、リーズナブルにマイペースにお手入れをされたい場合には脱毛サロンがおすすめです。どちらも魅力がたくさんあるので、自分に合った脱毛をすることで無理なく理想とする肌を目指すことができるでしょう。


このページの先頭へ戻る