VIO(デリケートゾーン)の脱毛おすすめはこのエステサロン!

RinRin(リンリン)は全身脱毛などの充実したラインナップが嬉しい脱毛エステサロンです

リンリン

RinRin(リンリン)は豊富なセットコースと高品質な施術で人気の脱毛エステサロンです。コストパフォーマンスの高い脱毛エステサロンとして好評を得ているのがRinRin(リンリン)です。充実したラインナップと高品質な施術で多くの人たちからの人気を集めています。今回はRinRin(リンリン)の契約を解約するための方法や条件について、さらに詳しくチェックしてみたいと思います。

 

解約のための方法や条件などについて

解約はコールセンターへ

RinRin(リンリン)に解約を申し込むための方法条件を確認してみましょう。

 

解約手続きは契約店舗で行ってください

 

RinRin(リンリン)では契約を結んだ店舗で解約手続きを行うことができます。解約希望であることを事前に電話などで伝えてから店舗に足を運ぶようにすれば、解約の手続きをスムースに行うことができるはずです。また引越しなどにより契約店舗に足を運ぶことが難しいという場合には最寄の店舗でも解約の手続きを行うことができますし、さらに近くに店舗がないという場合には電話でコールセンターに解約を申し込むこともできます。コールセンターに解約を申し込むとその後必要な書類が自宅などに郵送されますので、これに必要な事項を記入して返送すれば解約の手続きが完了します。

 

解約の際には何が必要になるのでしょうか?

 

基本的には印鑑と通帳の準備が必要です。またRinRin(リンリン)の支払いをクレジットカードで行っているという人の場合には、さらに利用しているクレジットカードを忘れずに持参するようにしましょう。

 

解約のための条件などはあるのでしょうか?

 

特に条件などは設定されていませんので、RinRin(リンリン)にはいつでも解約を申し込むことができます。

 

違約金は必要なのでしょうか?

 

RinRin(リンリン)では違約金などは設定されていないのですが、解約の際には解約手数料などの支払いが必要になります。解約手数料の具体的な内訳は以下のとおりです。

 

  • 初期費用 5千円
  • 解約手数料 返金額の10%相当額(ただし上限2万円まで)
  • ローン解約手数料 1千円(ローンを利用していた場合のみ)

 

脱毛を開始する前に解約する場合には、初期費用5千円のみが請求されることになります。

 

解約時には残りの回数分の返金を受けることができます

 

RinRin(リンリン)はコースの途中で解約する場合には、残りの回数分の返金を受けることができます。例えば2万円のコース(全5回)に申し込んで施術を2回受けた時点で解約を申し込むのであれば、残りの分に相当する1万2千円の返金を受けることができるのです。ただし実際にはさらに解約手数料などが差し引かれることになります。

 

返金はどのようなタイミングで行われるのでしょうか?

 

RinRin(リンリン)に解約を申し込んだ場合には、返金は指定した銀行口座への振込みにより行われることになります。実際の入金は解約の申込から2〜3週間後になることが多いようです。3週間以上が経過しても返金が行われない場合には、電話などで確認をしてみてください。

 

クーリングオフの制度を利用することができます

 

RinRin(リンリン)ではクーリングオフの制度が利用できますので、クーリングオフを希望するのであれば契約日から8日以内に申し込むようにしてください。クーリングオフが認めれれば契約はキャンセルとなり、支払った全額の返金を受けることができます。クーリングオフ期間を過ぎてしまうと通常の解約として取り扱われ、解約手数料などを請求されることになりますので、余裕を持って早めに申し込むことをおすすめします。

 

RinRin(リンリン)の解約方法 条件・違約金の有無・クーリングオフなど


このページの先頭へ戻る