VIO(デリケートゾーン)の脱毛おすすめはこのエステサロン!

ピュウベッロはいち早くハイジニーナ脱毛を取り入れた脱毛エステサロン

ピュウベッロpiubello

 

ハイジニーナ脱毛をいち早く取り入れた脱毛エステとして有名なのがピュウベッロです。ハイジニーナ脱毛をはじめとして、様々な充実した脱毛プランを提供しています。今回はそんなピュウベッロの契約を解約するための情報について、さらに詳しくチェックしてみたいと思います。

 

ピュウベッロの解約方法 条件・違約金の有無・クーリングオフなど

 

ピュウベッロ解約のための方法や解約のための条件について

解約はコールセンターへ

 

ピュウベッロの解約のための方法条件について、詳しく確認してみましょう。

 

解約手続きはコールセンターで受け付け

ピュウベッロの解約を希望するのであれば、まずはコールセンターに電話をして解約希望であることを伝えるようにしましょう。その後必要な書類が自宅などに郵送されますので、これに必要事項を記入して返送すれば手続きは完了です。

 

解約手続きのためには何を準備しておけばよいのでしょうか?

 

解約を申し込む際には、印鑑通帳を準備しておくようにしてください。印鑑は契約書に捺印したものを、また通帳は返金を受けたい銀行のものを用意しましょう。さらに支払いをクレジットカードで行っている場合には、クレジットカードについても用意しておくことをおすすめします。

 

解約のための条件などはあるのでしょうか?

 

特別な条件などはありませんので、いつでも自由に解約を申し込むことができます。

 

ピュウベッロの解約は違約金の支払いは必要なのでしょうか?

 

ピュウベッロに解約を申し込んでも違約金が発生することはありませんが、解約時に返金を受ける場合には解約手数料を請求されることになります。解約手数料については公式ホームページなどには明記されていないのですが、他社では返金額の10%(ただし上限2万円)が請求されますので、ピュウベッロでも同額の請求が行われる可能性が高くなります。解約手数料の詳細については、解約を申し込む際にコールセンターに詳しく確認をしてみてください。

 

解約時には残りの施術分の返金を受けることができます

 

ピュウベッロのコースに申し込んだ場合には、解約時には残りの施術分に相当する金額の返金を受けることができます。例えば6万円(全10回)のコースに申し込んで4回利用した時点で解約を申し込んだのであれば、残り6回分に相当する3万6千円の返金を受けることができるのです。ただし実際にはここからさらに解約手数料が差し引かれますので、返金を受けられる金額はその分だけ少なくなります。

 

返金はいつ頃行われるのでしょうか?

 

ピュウベッロの解約を申し込んでも、その場ですぐに返金が受けられるわけではありません。ほとんどの場合には2〜3週間後に、指定した銀行口座に振込みの形で返金が行われることになります。

 

ピュウベッロはクーリングオフ制度を利用することができます

 

クーリングオフ制度にピュウベッロでは対応していますので、契約日から8日以内にクーリングオフを申し込めば全ての契約をキャンセルして全額の返金を受けることができます。ただしクーリング期間を過ぎてしまうとその後は通常の解約として取り扱われますので、すでに利用した分については返金を受けることはできませんし、また上記で解説したとおり返金額から解約手数料を差し引かれることになります。クーリングオフを希望するのであれば、契約日から必ず8日以内に申し込むようにしてください。クーリングオフについては通常の解約と同様に、コールセンターから申し込むことができます。

 

ピュウベッロの解約方法 条件・違約金の有無・クーリングオフなど


このページの先頭へ戻る