VIO(デリケートゾーン)の脱毛おすすめはこのエステサロン!

違約金や解約金なしで安心して利用できるのがミュゼプラチナム

ミュゼプラチナムミュゼプラチナムおすすめポイント

 

ミュゼプラチナムは、脱毛をリーズナブルな料金で行うことができる人気エステサロンです。しかし人気のエステサロンであるため予約が取りにくかったり、また効果をなかなか実感することができなかったりといった様々な理由により、契約を解約したいと考える人などもいるようです。今回はミュゼプラチナムの契約を解約するための条件や方法について、詳しくまとめてみました。ミュゼプラチナムの解約を考えている人は、是非とも参考にしてみてください。

 

ミュゼプラチナムの解約方法 条件・違約金の有無・クーリングオフなど

 

ミュゼプラチナム解約のための条件や方法について

解約はコールセンターへ

 

ミュゼプラチナムの解約条件解約方法について確認してみましょう。

 

解約は契約店舗またはコールセンターに申し込んでください

 

ミュゼプラチナムでは原則として解約を契約店舗で申し込むことになります。従来と同じようにまずは予約をして、その後解約の申し込み手続きを店に足を運んで行ってください。ただし引越しなどの理由で契約店舗で解約を申し込むことが難しい場合には、コールセンターに連絡をして解約を申し込むこともできます。コールセンターの営業時間は10時〜19時で、年中無休で対応が可能です。

 

解約の手続きには何が必要になるのでしょうか?

 

ミュゼプラチナムの解約を申し込む場合には、各種の書類の提出が必要になります。解約を申し込む際には契約書と印鑑を持参してください。また現金一括払いによる支払いを利用している人は銀行の通帳を、クレジットカードによる支払いを利用している人は銀行の通帳とクレジットカードを持参するようにしましょう。キャンセル処理のためには口座番号やカード番号などの確認が必要になります。

 

解約に制限はあるのでしょうか?

 

ミュゼプラチナムでは解約のための制限などは設けられていませんので、契約の直後に解約することもできます。他社の場合には契約から半年以内の解約の場合には違約金を請求されることなどもあるのですが、ミュゼプラチナムであればそのような心配は必要ありません。ミュゼプラチナムには解約の制限も違約金もありませんので、安心して利用することができるのです。

 

解約時には返金を受けることができます

 

ミュゼプラチナムの解約を希望する人の場合には、返金を受けることができるかどうかが気になるかもしれません。ミュゼプラチナムでは、プランの途中で解約した場合には返金を受けることができます。回数制プランで一括払いを選択した利用者がミュゼプラチナムに解約を申し込んだ場合には、残りの施術に該当する分の返金を受けることができるのです。

 

返金額は以下の算式により計算されます

 

ミュゼプラチナムに解約を申し込んだ場合には、利用しなかった分の返金を受けることができます。具体的な返金額については、以下の算式により計算されます。支払い総額から実際に利用した分を差し引いた残額が返金されるのです。

 

返金額=支払いの総額−(1回あたりの施術費用×施術を受けた回数)

 

返金のタイミングはいつになるのでしょうか?

 

解約を申し込んだ場合には返金を受けることができるのですが、返金についてはその場で返金されるのではなく、後日銀行口座への振込により返金が行われることになります。これは現金一括払いの人もクレジットカード払いの人も同様です。実際に返金が行われる時期については、ほとんどの場合には解約の申し込みから2〜3週間程度で返金が行われるようです。またクレジットカード払いを選択している人の場合には、引落日との関係によりもう少し時間がかかるかもしれません。返金額や返金の時期などについては、解約を申し込む際にスタッフに尋ねて確認をしてみてください。

 

ミュゼプラチナムの解約方法 条件・違約金の有無・クーリングオフなど

 

ミュゼプラチナムではクーリングオフ制度を利用することができます

 

クーリングオフ

 

契約代金が5万円以上で契約期間が1ヵ月以上の契約に対しては、クーリングオフ制度が適用されます。ミュゼプラチナムではほとんどのコースが上記の条件に該当しますので、クーリングオフ制度を利用することができるのです。例えばキャンペーンなどを利用してその後コースの契約をした場合などにもクーリングオフ制度を利用することができますし、クーリングオフが認められれば契約時の支払の全額の返金を受けることができます。

 

クーリングオフ制度の利用を申し込むためにはどうすればよいのでしょうか?

 

ミュゼプラチナムでは契約店舗で直接、またはコールセンターに電話をしてクーリングオフ制度の利用を申し込むことができます。ただし口頭や電話で申し込むことが不安だという人の場合には、書面を郵送する方法を利用するのが安心で確実かもしれません。必要な事項をハガキなどに記入して「簡易書留」「特定記録郵便」で郵送するようにすれば記録を残すことができますし、また郵便が到着した日ではなく消印が押された日が申込日として認定されることになります。クーリングオフ制度については契約から8日以内に申し込むことが必要になりますので、申込期限についてはくれぐれも注意が必要です。8日を過ぎてしまってからの申込についてはクーリングオフ制度は適用されず中途解約として扱われることになるのですが、ミュゼプラチナムでは中途解約の場合でも施術を受けていない分の返金を受けることができます。

 

ハガキには何をどのように記入すればよいのでしょうか?

 

クーリングオフを申し込む場合には、以下の項目について記載することが必要になります。

 

  • 契約日(○年○月○日)
  • 契約の内容(脱毛○○コースなど)
  • 返金額
  • 振込みを希望する銀行口座(○○銀行○○支店、口座番号○○○○○○○)
  • クーリングオフの申込日(○年○月○日)
  • 契約者に関する各種情報(住所、氏名、連絡先など)

具体的な記載方法については、下記を参考にしてみてください。

 

「貴社と平成○年○月○日に契約をした「完全脱毛○○コース」の契約の解約を申し込みます。すでに支払いをした代金5万円を、下記の銀行口座まで振り込んでください。
○○銀行○○支店(普通)口座番号○○○○○○○(口座名義人○○○○)
平成○年○月○日(クーリングオフの申込日) 契約者に関する各種情報(住所、氏名、連絡先など)」

 

ミュゼプラチナムの解約方法 条件・違約金の有無・クーリングオフなど


このページの先頭へ戻る