年々注目度が高まっているVIO脱毛エステ,脱毛エステの施術効果は永久か

脱毛エステ=「永久脱毛」?

脱毛の種類について

現在では多くの人に利用されるようになった脱毛エステ。しかし、脱毛エステの脱毛は、いわゆる「永久脱毛」なのでしょうか?

 

光脱毛と医療レーザー

脱毛には様々な種類がありますが、エステサロンで施術されている脱毛の主流は「光脱毛」です。これは無駄な体毛の毛母細胞にダメージを加え、細胞分裂を抑えて毛の生成を封じ込めようという脱毛技術です。光脱毛は非常に有効な脱毛法ですが、光が反応しない部分もあるため、1度の施術では終わらないのが難点です。完全にムダ毛をなくそうとすれば、通常、2年から3年かけてサロンに通い続けることになるでしょう。また、毛の成長は、ホルモンバランスの影響を強く受けます。妊娠や出産、閉経などによるホルモンバランスの乱れが原因で、処理したはずのムダ毛がふたたび生えてくることもあります。なので、エステサロンの光脱毛といえども厳密には「永久脱毛」とは言えないかもしれませんが、良心的なサロンでは「永久保証」を用意しているところもあります。

 

正真正銘の「永久脱毛」によって二度とムダ毛を生やさないようにするには、医療レーザーでの脱毛が有効です。医療レーザー脱毛は、毛母細胞を破壊できますので、ふたたび毛が生えてくることはなくなります。しかし決定的な効果の反面、施術中には強い痛みがともないますし、料金の面でもエステの光脱毛より高めとなっています。また、施術の種類や使用される脱毛機器によって効果には差があります。

 

脱毛には何度の通院が必要?

 

毛の量や質は人それぞれであり、それによって脱毛の進捗ペースが変わってきますので、一概に回数を断言することはできません。通院するエステサロンや医療機関がどういった施術をするのかによっても変わってきますが、脱毛は毛周期に合わせておこなわれますので、ワキの脱毛なら2〜3ヵ月に1度のペースで、4〜6度の通院で終わる場合がほとんどです。実際、エステサロンでの脱毛エステの場合、メインの施術回数が6回と設定されています。この回数が、毛周期に合わせて算出される目安となっています。エステサロンや医療機関の脱毛コースでは、ワキであれば6回前後の設定が多くなっています。

 

脱毛にかかる費用は?

 

脱毛の種類について

レーザー脱毛の初期費用を比較した場合、もっとも高いのが医療機関、次いで家庭用脱毛器、エステサロンと続くようです。特にエステでは「体験エステ」などのサービスを利用すれば、数千円からワキ脱毛をしてもらうことができます。脱毛の料金設定は、エステサロンや医療機関ごとに差があるものですし、家庭用脱毛器でも製品ごとに価格は様々です。あくまで平均的に見れば、費用を抑えることができるのは、やはりエステサロンであり、低価格な脱毛コースを用意しているサロンが多くあります。しかしエステサロンの低価格コースでは、毛量の多い人の場合、施術の時間が不足し、コース終了後にも追加料金を払って施術を続けなければ脱毛が完了しないことがあります。

そういった個人差まで考慮してトータルのコストを考えれば、家庭用脱毛器がもっとも低コストと言えそうです。たとえば口コミで高評価の脱毛器「イーモ」では、1ショット0.48円という低コストを実現しています。これは数ある家庭用脱毛器の中でもトップクラスの低コストですので、エステで短期間での脱毛ができない方には特におすすめです。家庭用脱毛器は、自宅で自分のペースでムダ毛が処理できるという点も大きな魅力です。コストの面だけでなく、エステに通うための労力も節約できるので、よりお得な方法と言えるでしょう。

脱毛の種類について/VIO脱毛でとことん女子力磨き!記事一覧

ムダ毛は定期的なお手入れが必要なので、カミソリなどで自己処理を続けているとお肌が痛んでしまうことがあります。しかし、医療脱毛や脱毛サロンなどでお手入れをすれば綺麗な肌を目指すことができるでしょう。それぞれお手入れの特徴や料金などに違いがあるので、両者をよく比較してメリットやデメリットを把握した上で最適なお手入れ方法を選ぶと良いでしょう。ここでは、医療脱毛と脱毛サロンを徹底比較しながらそれぞれのメリ...
エステが用意している脱毛方法の種類はいろいろありますが、何がどう違うのでしょうか。それぞれの方法にはそれぞれのメリットとデメリットがあります。自分の希望する脱毛に合わせて最適な方法が選べるようにここで整理しておきましょう。ニードル式文字通り、針を刺してそこに電流を流すことで毛根を処理する方法です。この方法のメリットは、脱毛効果が高い点です。そのため、以下のような欠点があるにも関わらず、大手でも根強...
ムダ毛を処理したくなって脱毛エステに行こうと思い立ったら、まずどのエステに通おうか決めますよね。行きたいエステがあったとしても、「どこにあるか」はけっこう大事なポイントです。できれば「なにかのついでに通えること」を条件に、場所から店を選ぶのがいいと思います。通いやすいサロンを選ぶこと仕事帰りとか、ショッピングのついで、デートのついで……などなど、なにかの用事に脱毛エステを組み合わせることができると...
ワキからはじめて、おつぎはヒザ下、今度は・・・・・・というように、脱毛を始めて脱毛効果が実感できるようになってくるにつれて、次から次へとキレイにしたい部分が増えていくのがオンナ心というもの!そうした場合、基本の脱毛プランに新たな脱毛箇所を追加していくことになります。ただし、追加の料金は、それなりにリーズナブルだとはいえ、追加を積み重ねていくのはけっして得策とはいえません。そこでオススメしたいのは全...
脱毛エステとか脱毛サロンのクチコミでよく見かけるのが「予約が取れません」という評判。とりわけ大手だったり人気店だったりすると、なかなか予約できないようです。とはいえ、それはお店の知名度や人気の証拠でもあるわけですから、ぜひ通ってみたいですよね。そこで、予約を取りにくい脱毛エステでも予約しやすくなるコツを紹介したいと思います。時期まずは時期がポイントです。脱毛エステには、みんなが通いたがるシーズンが...
TVにネットに雑誌、シーズンになると電車の車内まで、脱毛エステの広告が多数見られます。それくらいエステ脱毛は、関心の高い人が多いということでもあるのですが、広告をみてエステ脱毛に興味をもっても、実際にどうやって脱毛が行われていくのかわからないと、なかなか体験脱毛でも行ってみる気になれなかったりすると思います。脱毛エステは数多くありますが、脱毛の方法が同じであれば、流れはだいたい一緒です。フラッシュ...
わき脱毛をして、効果がでてくるまでどのぐらい通うでしょう。わきの下には太い毛が生えているから、抜けていくのは目視することができます。しかしながら、生え変わりの周期として、生えていない毛が多い部分で、4度の脱毛でとても減ったと油断していると、もわっと生えてくることがあります。わきの下は、周期的に30%ほどに対して影響をもたらすことができる毛であり、減ったと感じたのちに生える量には個人差があります。6...
気になるムダ毛、処理したいですよね。特にワキは、なんとしても綺麗にしておきたいところ!最近は格安で脱毛サービスを提供している脱毛サロンやエステが増えてきていることもあり、大学生やお勤めを始めたばかりという人でも気軽にエステ脱毛ができるようになってきました。近頃では、なんと中高生からエステ脱毛を始めている子もいるのだとか・・・・・・。サロン選びは慎重にただし、安さをウリにした脱毛広告には注意して下さ...
脱毛方法にも様々ありますが、10年ほど前の脱毛方法はニードル脱毛と言って痛みを伴う針脱毛や、電気脱毛がほとんどでした。最近の脱毛方法は、フラッシュ脱毛と言う光脱毛がメインとなっています。フラッシュ脱毛は痛みを伴うことがほとんどありませんので安心して脱毛処理が受けられます。さらに施術時間も短く、価格も安心価格なので多くの女性が興味を示しています。まだまだフラッシュ脱毛の歴史は浅いのですが、これからも...
脱毛をすべく、エステやクリニックに通いはじめて、施術をしたら毛が生えなくなるわけではありません。1度の施術で、すべての毛穴に対して効果をもたらすのではなく、すでに生えている毛に限られます。これは毛の生え変わりの周期にあわせて、数回に分けて施術をせねばなりません。自己処理に気をつけるそれで数週間から2ヶ月もすれば、新たに毛が生えてきます。そうするとまたムダ毛処理をすることになりますが、カミソリや毛抜...
エステでの脱毛コースには料金の他に年数と回数が表示されていることがあります。この意味について解説したいと思います。例えば2年/10回という場合は、通うことのできる期間と回数制限を表しています。この場合、言い換えれば2年以内に最大10回通うことができるということを意味しています。また回数が限られていても期間が無期限の場合、その回数に到達するまでいつまでも通うことができます。サロンの選び方のヒントこの...
「脱毛したらそれで終わり!」ではいけません。サロンに通っている人も、脱毛機器などを使い自分で脱毛をおこなっている人も、アフターケアにはマジメに取り組みましょう。面倒だからとアフターケアを怠れば、毛穴が開いたままになり、肌のごわつきや炎症、色素沈着をひき起こしかねません。アフターケアの必要性と方法を知り、ケアをしっかり行うことが大切です。プロが教えるアフターケア冷やすでは脱毛のプロ、エステサロンでは...
ここ数年で一気にエステサロンで脱毛の施術を受けられる女性が増えてきました。しかし、エステサロンに通う時間がなかったり、それほどの大金を用意出来ないという方もおられます。そんな方に人気なのが家庭用脱毛器です。女性の実に3割がサロンで脱毛の施術を受けているそうです。家庭用脱毛器も最近では10万円以下の手頃な値段のものが増えてきており、性能も高くなってきているので、需要が高まってきていると言われています...
家庭用脱毛器はご家庭で脱毛ができる便利なアイテムです。エステなどで行える永久脱毛ができるわけではありませんが、家庭用脱毛機の価格を考えるとクリニックなどで行うよりも低価格で実現することができます。ただし家庭用脱毛器は自分で行うため綺麗に仕上げるためには器具の使い方に慣れる必要があります。特に微妙なラインの部分では処理がしにくいことがあります。また永久脱毛ではないため定期的に脱毛処理をする必要も出て...
セルフ脱毛の際や何気に鏡で自分のワキを見たときブツブツや色素沈着が気になったことはないでしょうか。脱毛をするとブツブツや色素沈着が改善されるという話もありますが本当に改善されるのでしょうか。ワキの色素沈着の原因ではワキのブツブツや色素沈着はどうしてそうなるのでしょう。改善するにしても、一度原因を探ってみる必要があります。実はこのブツブツや色素沈着は、セルフ脱毛が原因しています。脱毛とは自然に生えて...
どんなに美しい洋服や貴金属を身に付けても、ムダ毛のお手入れが行き届いていないお肌では、トータル的に見てお洒落とはいえません。何よりも自分自身が最もテンションが下がるのではないでしょうか。そんな中、最もリーズナブルに行える脱毛方法は、市販の脱毛クリームやワックスなどを購入し、自宅で行うセルフケアです。しかしこうした方法では背中などの脱毛は難しい上に、時間も手間もかかるわりに一回ではきれいに脱毛できな...
最近では雑誌やテレビなどのメディア以外にも、インターネット上で様々な知識や情報が手に入る時代です。そんな中、美容についての情報収集に余念のない世の女性達は、脱毛サロンについての情報もしっかりリサーチし、自分に最適なサロンを選んでお手入れを行うことが当たり前になってきました。そしてそんなサロン人気の高まりと共に、オリジナリティのある様々な脱毛サロンが続々と増てきています。ただあまりにもサロンの数が増...
高周波脱毛とは毛が生えている部分に高周波を浴びせて、生えている毛とその毛根組織に熱を持たせることにより、脱毛を促すという方法です。人体に無害とされ、医療行為ではないためエステサロンや機器を購入して自分で施術を行なうこともできる方法です。高周波脱毛にはメリットとデメリットが存在します。高周波脱毛のメリット光を浴びせて脱毛するという方法は痛みが伴います。とくにレーザー脱毛と言われる脱毛法は光が強いため...

このページの先頭へ戻る